本文へスキップ

株式会社新星コンサルタントのホームページへようこそ。

コミュニケーションCOMMUNICATION

測量(路線測量)勉強会(茨城県立石下紫峰高等学校)
2014年10月20日、11月10日、11月17日

○○○○○○○○イメージ

 一般社団法人茨城県測量設計業協会(弊社は協会の会員企業)のボランティア活動の一環として、10月20日、11月10日、11月17日の3日間に渡り、茨城県常総市にあります「茨城県立石下紫峰高等学校」にて測量(路線測量)の勉強会(実習含む)を行いました。
 教室での講義と、屋外での実習、両方の体験により、「測量」というものの理解を深めていただけたと思います。



路線測量の概要と中心線測量の実習(1日目)

 勉強会初日、まずは教室にて、路線測量の概要を説明し、その後、屋外にて中心線測量の実習を行いました。
 道路上(校内)に中心点(測量鋲)を設置し、中心点間の距離を巻尺と測量機器(トータルステーション)にて計測し、精度確認を実施致しました。

実習の説明中 中心点間の計測


縦断・横断測量実習(2日目)

 2日目は、縦断測量と横断測量の実習を行いました。
 レベルを覗いてもらい、高さを計測し、観測手簿に記入しました。
 次に、標尺や巻尺を使用し、横断変化点等を測定してもらいました。

縦断・横断測量実習の様子


縦断・横断計算及び横断図作成(3日目)

 最終日は、2日目に実習した、縦断測量と横断測量の観測手簿から計算をしてもらい、測量誤差についての勉強をしました。
 また、横断測量手簿から、横断図を作成するところまで到達することができました。

概要を説明 計算〜横断図作成


*一般社団法人茨城県測量設計業協会と茨城県立石下紫峰高等学校の許可を得て、掲載しております。
*このように地域コミュニケーションを実施しております。
*お問い合わせについては、右上の「お問い合わせ」バナーよりお願い致します。


バナースペース

ISO認証取得